やりたいことが多すぎる人の部屋

たまよと申します。関東の西の方に生息している柔道整復師です。学費の借金がまだ350万ある割に、ダンスだの習字だのiPadで絵を描いてみたいだのブログやりたいだの、日を追うごとにやりたいことが増えていく毎日を送っています。日々の他愛のないことや仕事の考え方、現在の資産状況等を赤裸々にカミングアウトしていきたいなーとか思ってます。それにしても1日って短い(><)

自分が30歳目前になって習字を始めた理由

皆様、お疲れ様です!

更新が滞り続けたたまよです(笑)

 

今回はどうして習字を始めたのかという所を

匿名でブログをやっているからこそ

本音をさらけ出して語りたいと思います(笑)

 

習字を始めて早くも半年になりました。

仕事は8時頃に終わるため

宿題と個人練習は休みの日に主にやっております。

 

開始直後は柔整の勉強も含めて

マックやロッテで22~23時までやっていましたが

自分の住んでる地域はコロナの影響で店内飲食が出来なくなってしまったため

断念しておりました。

 

半年が経ち、カルテに記載する文字が

以前より読みやすくなったと言われる機会が増えました。

 

これはとても嬉しいことですし

周囲の方に認めて頂けるのは

上達を実感する上では1番いい現象だと思っています。 

 

さて、そんな最近楽しくてしょうがない習字をどうして始めたのか?

 

理由は主に2つあります。

 

1つは、単純に字が上手くなりたかったからです。

特に仕事中、急いで書いたメモ帳を見返す時に汚いせいで読めなくて大変なんですよね(笑)

 

2つめは、今回のメインの理由になります。

周りの人に舐められてくないからです

 

この理由は言葉だけ聞けば、あなた何様?と

思われる方が多いかもしれません。

 

しかし自分の現実において

字が汚いという理由で

なめられたくない人からなめられることに

嫌気がさしたのです。

 

別の視点で言うと

字が汚いままでいることは

周りから不要なダメ出しを受ける隙を

自ら作り続けてしまってる

ことに気が付いたのです。

 

あいつは仕事はできるけど、字が汚いんだよな〜(笑)と、

舐められたくないやつにまでなめられる

今の自分はこの事実に耐えられなくなったのです。

 

30歳を目前にして18歳からあちこちで働いて仕事ができる先輩たちに憧れて仕事を突き詰め

27歳頃からようやく周囲からも仕事で評価を頂けるようになりました。

 

18歳頃の自分は

憧れた先輩たちのように仕事ができるようになれば毎日が楽しいだろうな、と

そんなことを夢見て日々努力してきました。

 

10年間は上記の考え方で働いてきたため

周囲の方から評価を頂けるようになったことはとても嬉しいことでした。

 

しかし、周囲から評価を頂けるようになったのと同時に

仕事に対して怠慢であり続ける人達が目に余るようになりました。

 

具体的には

一部の人以外、議題すら知らない会議をして

何も決定せずに終わる人達。

その会議では割と発言するらしいが、普段は何も注意すらしない人達。

役職についてるのにダブルワークを理由に手を抜く上司。

患者さんを待たせて今する必要のない他の仕事の話を始める人達。

なんの注意喚起もしない人達。

自分さえ知っていればと、共有することを平気で怠る人達。

大した仕事もしてない割にタバコだけは1人前に吸う人達。

周囲の状況を見ているけど、自分が偉ぶりたいからあえて何もしない人達。

わからないことに対して、わからないと言えない小さいプライドの人達。

 

 

今自分がいる場所は

本当にしょーもない人達が集まってる職場です。 

 

そんなしょーもない人達から、

少なくとも敬意の払い方がわからないよう人達から

字が汚いことを鼻で笑われることに

憤りしか感じなかったのです。

 

もちろん全員が全員

しょーもないなんて言いません。

 

仕事をしっかりやってる方もいるし

尊敬の念を覚える方もいます。

 

単純に仕事の手を抜きすぎて目に余る人達から

自分の字の汚さを注意されることに嫌気しか感じなかった、というだけですね。

 

今更ですが自分を意識して磨くようになって

昔以上になめられるのは嫌だな、と

心から思うようになることができました。

 

少なくとも憧れた先輩たちの背中を追いかけてるだけの頃は

むしろ、こんなカスな自分を注意してくれてありがとうございます!

という一心で走ってきたので

なめられたくないという単語が出てきたことはほとんどなかったと思います。

 

以下は、まとめです。

 

おそらく自分と同じように

仕事においてなめられたくないと感じる方から

つつかれるように字が汚いと嘲笑われ

イラッとする方は多いと思います。

 

そういう方はぜひ習字やることを強くオススメします!

習字は間違いなく暗記科目です!

正しい書き方を身体で覚えれば誰でもできるようになる、ということを今は断言できます。

 

自分は月額4500円ほどでペン習字教室に通っています。

あえて月額を明記しましたが、

大人の習字は自己投資です。

 

月額がいくらでも必要であればやるべきです。(さすがに月額が7000円超えると内容に対して高いと思いますが(笑))

 

習字は日常生活に高度に溶け込んだ暗記科目であると捉えています。

 

時にはゆっくり丁寧に

時には急いで速く書かなくてはいけません。

 

急いで速く書いても、

常に丁寧で綺麗な字を書けるように

練習がんばります(*^^*)

 

元々の字が汚かったので

ちょっとでも字の形が整ってくると

めっちゃ楽しいですし、嬉しいです(*^^*)

 

長文失礼しましたm(_ _)m